公認会計士税理士MBA我妻総合会計事務所|東京都渋谷区港区


公認会計士税理士MBA我妻総合会計事務所|東京都渋谷区港区目黒区品川区



所長ブログ

ホーム > 所長ブログ


所長ブログ

Blog 242018.10.19

最新のWEB制作とSEO対策

テーマ:IT・AI

グーグルは頻繁にアルゴリズムを変更します。その度に、その対策に追われていました。

最近のアルゴリズムは、ある意味簡単で、人間が見てレベルが高いと思うWEBを制作すれば良いということになります。

 

☆具体的には下記の施策が必要となります。

1.コンテンツの量

30ページ以上が望ましい。

2.コンテンツの質

人間が見て、綺麗で、どんどんクリックしてしまい、長く滞在するようなコンテンツ

3.高い更新頻度

4.質の高い被リンクの量(自サイトと関連性の高いサイトからの適切なワードによる被リンク)

5.クリック数や滞在時間などを実際に獲得。外部からの誘導(WEB広告やSNS等)を含む。

6.グーグル検索の地図でも上位表示させる

7.適切なタイトルとh1など(HTML)

8.適切なサイト構成(わかりやすさと見て欲しいページへの適切な誘導)とサイト内リンク

9.適切なグーグル検索キーワード設定

例:クリニックなら「近所の駅名×診療科目名」

 

最後に:下記のすべてが優秀な方でないと、良いWEBサイトにはなりません。相応の予算が必要になります。また、レベルの高いSEO対策は別費用のことが多いです。

サイト構成等(プロデューサー)・コンテンツ(コンテンツディレクター)・デザイン(デザイナー)・HTML等(プログラマー)。

Blog 232018.10.14

ベンチャー起業に向いている人

テーマ:起業成功術

ベンチャー起業に向いている人の特徴は以下の通り

1.新しい経験を素直に受け入れることができる人(並外れた想像力は不要)。論理的思考能力・ビジネスモデル構築能力。

2.好奇心・冒険心が旺盛。リスクを不快に感じない(リスクを自分から求める必要はない)。

3.現場が好き。ピラミッドのトップではなく、円の真ん中にいたい人。

4.製品・プロジェクトの所有欲。自分が何者か世界に向かって示せる人。そのための権限と統制に対する強烈な欲望。

5.説得力。何かを実現してくれる人と信頼される人。

☆上記のすべてを満たす人は、ベンチャーを成功させやすい。

Blog 222018.10.11

当事務所の関与先の9割は黒字

テーマ:会社の成長

国税庁の統計によると、日本の会社の約7割は赤字となっています。現在、当事務所の関与先の9割は黒字です。

金融機関からの借入がある場合は、黒字にすべきです。

また、法人税率の引き下げに伴い、社長の役員報酬を多額にとるよりも、法人を黒字にして留保した方が、全体の税率は下がります。

会社の成長は、売上増・利益増が柱となります。

当事務所が関与してから、多くの関与先は成長しています。

Blog 212018.10.2

関与先の20周年記念パーティに出席

テーマ:日記

関与先が順調に成長することが、会計事務所の経営者として、最も嬉しいことの一つです。

20年を振り返ったビデオを見ながら、色々あったなぁと、私も感動してしまいました。

Blog 202018.9.1

個人企業か、規模を目指すか

テーマ:起業成功術

個人企業か、規模を目指すか。

特に正解はありません。考え方次第です。

安定性・成功率で考えたら、個人や家族のみで起業する方が良いです。

Blog 192018.8.1

得意なこと・好きなこと・マーケットがある

テーマ:起業成功術

得意なこと・好きなこと・マーケットがあるの3つとも揃ったことで起業するのが鉄則。

Blog 182018.7.1

時代の0.5歩先を歩き続ける

テーマ:会社の成長

1歩先を行くと、普通の人にわからないため売れません。人と同じところを歩くとライバルが多すぎます(差別化できない)。

Blog 172018.6.1

給与所得控除・公的年金等控除・基礎控除の見直し

テーマ:税制改正(各種控除の見直し:所得税)

給与所得控除と公的年金控除を10万円引き下げ。

基礎控除を10万円引き上げ。

適用期間:平成32年分の所得税から

Blog 162018.5.1

所得拡大税制の見直し(税額控除)

テーマ:税制改正(所得拡大税制:法人税)

要件:賃上げ率が前年度比1.5%以上

※基準年度との比較要件は撤廃

税額控除額:給与お等支給総額の対前年度増加額の15%

※法人税額の20%が上限

適用期間:平成30年4月1日~平成33年3月31日までの間に開始する各事業年度

適用対象:中小企業等

Blog 152018.4.1

社長に右腕は必要か

テーマ:会社の成長

個人企業・家族企業ではなく、規模を大きくしたいなら、右腕は必要です。

Blog 142018.3.1

社長に必要なリーダーシップ

テーマ:会社の成長

今までたくさんの経営者の方と実際にお会いして話をしてまいりました。上場企業の社長から個人事業主まで、数千人にお会いしました。

MBAを取得しているため、リーダーシップ論の本を多数読みました。大企業向けに人事制度の戦略コンサルティングもしました。

 

経営者のリーダーシップに定型的なパターンはありません(参考になることはあると思いますが)。経営者自身の個性に合わせたリーダーシップ、採用教育が必要です。

Blog 132018.2.1

伸びる飲食・伸びない飲食

テーマ:会社の成長

伸びる飲食:パターン化ができており、財務管理能力も高い 。

伸びない飲食:パターン化ができていない。財務管理・売上仕入在庫管理がどんぶり。

 

多店舗展開するにあたり、必ずパターン化・マニュアル化が必要。

出店方法・社員やアルバイトの教育方法及び管理方法・ホール接遇・調理方法・注文管理・カメラによる管理・在庫管理・財務管理(日次管理・リアルタイム管理など)・現金管理、すべてパターン化・マニュアル化。

Blog 122018.1.1

高額所得者は配偶者控除不能に!

テーマ:税制改正(源泉控除対象配偶者)

平成30年1月給与計算より、給与所得者本人の所得が900万円超(給与所得1120万円超)もしくは配偶者の給与所得が85万円超(給与所得150万円超)の場合、「源泉控除対象配偶者」にならず源泉の扶養親族等から外れることになりました。

高額所得者の配偶者控除は認めないということです。
その代わりとして、配偶者の年間所得は85万まで配偶者控除・配偶者特別控除を認めるという改正です。

Blog 112017.12.5

確定申告時、医療費領収書提出不要に!

テーマ:税制改正(医療費控除)

平成29年分の確定申告から、医療費控除の領収書は提出不要となりました。領収書の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となります。
医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があります。!

Blog 102017.11.11

医師会費は経費になるが、医師年金は経費にならない

テーマ:節税の王道

クリニック(個人の開業医)の場合に、経費になるもの、経費にならないものを下記にまとめました。

1. 必要経費になるもの
①医師会の入会金・・・繰延資産(5年で償却)
②医師会の会費
③学校医、医師会運営のための会費や負担金
④医学会費

2. 必要経費とならないもの
①医師国保(所得控除にはなる)
②各種生命保険(所得控除にはなる)
③小規模企業共済(所得控除にはなる)
④医師年金の掛け金(貯蓄の性格があるため、必要経費になりません)
⑤医師会政治連盟会費
⑥ロータリークラブ、ライオンズクラブの入会金、会費
⑦ゴルフ会員権の購入費、名義書換料、年会費(購入費は、全額資産計上)
(ただし、事業の遂行上、交際費と認められる場合のプレー代は必要経費になります)

Blog 092017.10.17

漁船をチャーター

テーマ:日記

クライアントと当事務所の職員等、総勢7名で、釣りに行きました。

晴天、なぎ、そよ風、最高の釣り日よりでした。

ちょっと無愛想だが、聞けばちゃんと教えてくれるし、実は気を使っている船長と、その子供と思われる優しそうなお兄ちゃん船乗りと一緒でした。

当事務所の職員2人は、なんと船釣りをするのは人生初!
何匹かバラシつつも、楽しそうに釣っていました。

クライアントの社長は、手慣れたもので、2本の竿でたくさん釣っていました。
社長は1メートルくらいのサメを何匹も釣り上げていました。
そのうちの、1匹をその場で解体し、干物にして皆さんで持ち帰りました。

私の釣果は、アジ、サバ、カサゴ、イワシ、キスを合計15匹。
まずまずといったところでしょうか。

一番の成果は、土方焼け?
顔と、首の後ろと、腕の表だけ日焼けしました。

仕事人間な私には、
最高の気分転換となりました。

クライアントと、船宿と、うちの職員に感謝!

Blog 082017.9.12

クルーザーを会社の経費にできるか?

テーマ:節税の王道

クルーザーの購入費用・維持費は相当かかります。
これを会社の経費にしたいですよね。

会社の経費にするため、下記のことをお勧めします。

①取引先等の接待の記録を残す。
②福利厚生の規定を作成し、従業員の使用記録を残す。
③個人的な利用時は、会社に利用料を払う。

上記内容は、国税不服審判所の裁決の内容を、逆に解釈したものです。すなわち、上記の内容をしていなかったため、税務署側の主張を認めた裁決を引用しております。

Blog 072017.8.19

利益が出そうなら決算賞与

テーマ:節税の王道

期末に利益が出そうな場合に、よく使う節税方法です。

下記要件がありますので、ご注意ください。
要件① 翌期1ヶ月以内に実際に支払うこと
要件② その決算賞与の額を経費として処理していること
要件③ 決算賞与をもらう従業員ごとに、かつ、同時期に決算賞与をもらう従業員の全員にその賞与の額を期末までに知らせていること

決算前に、利益が出そうかどうか予測がつくはずです。
その段階で当期に決算賞与を払うかどうか、考えておくとよいと思います。

当事務所では、決算前に当期の損益予測を実施し、説明をさせていただいております。
その際、節税対策の一つとして、決算賞与の検討をすることになります。

Blog 062017.7.29

車を買うなら4年中古!→全額費用化可能

テーマ:節税の王道

車などの有形固定資産は、耐用年数で償却するので単年度の費用にはなりません。

ところが、4年落ちの中古車を期首に購入すると、その期に全額費用化できます。

車を買うなら事業年度の最初の月内に、4年落ちの中古を買いましょう。

Blog 052017.6.7

銀行格付を上げる方法

テーマ:会社の成長

銀行は決算書により定量評価をします。
その後、社長等の定性評価をします。
定量評価と定性評価を合わせて、総合的に格付けを決定します。

同じ決算書でも、定性評価により格付は変わります。
決算書以外の財務分析・予測資金繰表・経営計画などを作成すると良い評価が得られることがあります。
上記資料について適切なアドバイスのできる良い税理士に顧問を頼んでいるかが、間接的に影響することになります。

銀行の自己査定監査において、大企業から零細企業まで、数百社の格付を審査した経験があります。
銀行の本部に行き、当該銀行の貸出先の一部を抽出し、その会社の格付資料のすべてを閲覧し、債務者区分が正しいかチェックする仕事をしておりました。
銀行の取締役や監査役も含め、本部の責任者と交渉いたしました。

Blog 042017.5.22

新規出店(独立)の成功率を上げる方法

テーマ:起業成功術

すでに成功されている方には全く参考にならないかもしれませんが、新規開業をされる方には参考になると思いますので記載させていただきます。

当たり前の話をします。

開業前に詳細な経営計画を作成します。
同業他店の分析を徹底的にします。
特に成功している同業他店の成功要因を分析します。
成功要因のうち、まねるべきものは徹底的にまねます。

ビジョンと情熱は、成功のための最低条件です。
ただし、ビジョンは、同業の知識と経験の上に積み重ねたものしか通常意味をなしません。

今まで数百のビジネスプラン(起業プラン)を見させていただきました。
開業前のビジネスプランのレベルと、開業後のレベルの相関は明らかです。

Blog 032017.4.19

テレアポのスクリプトは1枚か50枚か

テーマ:会社の成長

業種や内容によると思いますが、きっちりしたスクリプトが作成できるのであれば、ある程度の枚数は必要だというのが私の見解です。

テレアポ代行会社のスクリプトも、まちまちです。

リスト(データベース)とスクリプトの適切な融合が望まれます。

経理とは関係ありませんが、今までの私の経験値が活かせればと思いましたので、記載させていただきました。

Blog 022017.3.30

決算期変更による裏技

テーマ:節税の王道

会社を経営されているみなさん、役員報酬は当期中は原則として一定額にしなければいけないのはご存知ですよね。
でも、予想より大幅に利益が出てしまった場合、あきらめて多額の納税をされていませんか?

裏技があるんです。
決算月を変更し、早めに決算をしてしまえばいいんです。
そうすれば、決算後には役員報酬を大幅に上げて、会社の利益を減らせるんです。

Blog 012017.3.17

還付申告で所得税を取り戻そう!

テーマ:節税の王道

新規の確定申告依頼が多く、大変でしたが、やっと終了いたしました。
いろいろな方からご紹介を賜り、大変感謝しております。

事業所得・不動産所得・給与所得(ローン控除・医療費控除・2か所以上の給与など)・譲渡所得(不動産と株式の両方)・相続時精算課税など、内容も様々でした。

ところで、皆様還付申告をお忘れではありませんか?
今からでも、下記のような場合、還付申告ができる場合がございます。

還付申告で所得税を取り戻そう!
①自宅を新築し、ローンを組んだが、確定申告していない
②災害や盗難で資産に損害を受けた
③特定の寄附金をした
④多額の医療費を支払った
⑤確定申告(源泉を徴収される事業)はしたが、支払調書がもれており、源泉が多額に徴収されていた
⑥株式の売買を特定口座でしていたので、確定申告をしなかったが、益の出ているものと損が出ているものがあり、確定申告で損益通算ができた

詳細は我妻総合会計事務所までご連絡ください。

当税理士事務所への無料相談
我妻総合会計事務所

東京都渋谷区渋谷2-3-4
青山TNビル4階

0120-97-2662

営業日

土日祝日を除く平日

営業時間

9:30~12:00、
13:00~17:00

ご相談・お問い合わせはお気軽に!

無料相談・お問い合わせ